会長挨拶

第7回日本くすりと糖尿病学会学術集会にあたって

 謹啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
 平素より日本くすりと糖尿病学会の活動にご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 当学会は、大学で基礎研究を行う薬剤師、病院薬剤師、保険薬局薬剤師などあらゆる職域の薬剤師が結集して、「薬剤師としていかに糖尿病治療に貢献するか」を目標として積極的に活動している学会組織です。
 おかげさまで、第7回学術集会は2018年10月13日(土)・14日(日)に、関東からも関西からもアクセスがしやすい立地である愛知県名古屋市の「ウインクあいち」にて、開催を計画しています。

 第7回の学術集会のメインテーマは、『糖尿病患者の薬物療法ALLマネジメント』 ~罹病期間の長い糖尿病患者へどう対応するか~ と致しました。多くの糖尿病患者は長い罹病期間でさまざまな合併症を併発し、病院や薬局を訪れます。 そのため、我々薬剤師は関連する疾患も含めた対応が必要となります。 そこで今回は、「糖尿病の枠にとらわれることなく、糖尿病に関連することはなんでも取り上げてみよう!」という欲張ったコンセプトのもと、 糖尿病領域に興味がある医療従事者、基礎薬学研究者、薬学部の教員や学生、関連企業担当者が本学術集会へ一同に集い、議論を深め、お互いの情報を共有することで、 患者への薬物療法のマネジメント力がさらに向上できればと考えています。
 本学術集会では、特別講演として愛知県下の大学病院の糖尿病領域の教授・准教授および日本糖尿病協会で啓発活動をされている医師をお招きしてご講演をいただきます。 例年多くの参加者が集まる教育講演では、基礎的な内容から臨床の最新トピックスまで楽しく学べるような企画を準備しております。また、参加者に興味深く聞いてもらうためのシンポジウムも企画しました。 さらに機器展示ブースとポスター会場が盛り上がるような企画も準備中です。もちろん、モーニングセミナー(軽食はレア商品であるコメダ謹製『やわからシロコッペ』を個数限定で準備予定)、ランチョンセミナー、スイーツセミナーも開催致します。
 一般演題では口頭発表、ポスター発表を設け、優秀演題賞を公募致します。なお、第二次審査を通過した発表者は懇親会に無料で参加できますので振るって応募ください。 詳細は、学術集会のホームページをご参照ください。
 学術集会1日目の夜の懇親会は、学会場近くの名鉄グランドホテルで開催致し、優秀演題表彰式も同時に行います。名古屋(愛知)にちなんだお料理やお酒をご用意しておりますので、こちらも多くの皆様の参加をお待ちしております。

謹白


page top